「リラックス」カテゴリーアーカイブ

中国の時代劇ドラマを見て

隙間時間に見てよかったのは「剣王朝~乱世に舞う雪~ 」です。内容は丁寧は元武の剣を粉々にして大臣たちは大王に近寄ろうとしたら止めるのです。丁寧は元武に約束を忘れたと聞くのです。元武は丁寧に10年待ち続けた敵討ちの時なのです。殺すがよいと受け入れるのです。丁寧は元武に我らの手は血にまみれてもはや和解はできないと堂々答えるのです。

http://www.jordanhaerter.com/

だが民に罪はないのです。大王なら生きて天下に平穏をもたらしてほしかったのです。元武は丁寧に余を生かすと聞いたら丁寧が元武に友への情と君臣の義を尽くすだけなのです。良心に恥じる行いはしないのです。お前の王道は認めないが?を救えるのはお前しかいないと感じたのです。今度こそ私との約束を果たしてくれることを願うのです。大王が兵士たちに丁寧を行かせるよう頼むのです。厲丞相が大王によいと聞いたら元武はよいと言うのです。

馬に乗って子かんがやってきたのです。父上に賢軍の攻撃で方候が犠牲になったとやってくるのです。

じきに風鳴に攻め入ると伝えるのです。どうか援軍の命を申し出るのです。元武は子初に心の中で涙目になりながら兄弟の骨肉の争いは王家に生まれた宿命なのです。お前が逝っても子かんを殺すことはできないからなぜなら?を子かんに託さないといけないからなのです。父を恨まないでと言って涙を拭くのです。元武は黄真衛に全軍に伝えるよう指示を出すのです。余が親征し賢を討つのです。黄真衛が「はい」と言うのです。